日本教育催眠学会 会則


昭和50年5月18日制定
平成16年9月18日改定


第1章 名称と事務局
  第1条 本会は日本教育催眠学会と称する。
  第2条 本会の事務局は、当分の間、下記に置く。
〒214-0014 神奈川県川崎市多摩区登戸3107
ブレシエール教育・文化研究所
 
第2章 目的と事業
 
  第3条 本会は、教育催眠研究の推進・普及・向上を図ることを目的とする。
  第4条 本会は、前条の目的を達成するために下記の事業を行う。
1、年次大会および総会の開催
2、機関誌・会報、およびその他の印刷物の発行
3、地区研究活動の助成
4、その他の必要な事業
 
第3章 組織
 
  第5条 会の組織
1、本会は、支部組織として地区会を持つ。
2、第4条に定める事業を遂行するため、委員会を設けることができる。
 
  第6条 地区会
1、地区会は、その地区の会員によって構成され、自主的に運営されるものとする。
2、地区会は、その活動のため地区委員会をもたなければならない。
 
第4章 運営
 
  第7条 総会
1、総会は、本会の最高の意思決定機関であり、年次大会開催時に開かれなければならない。
2、総会での決定は、出席者の過半数の同意をもって成立する。
 
  第8条 理事会
1、理事会は、本会の業務を決定し執行する。
2、理事会は、理事長がこれを招集する。
3、理事会の決定は、理事の過半数の同意を必要とする。
4、理事会の決定事項は、総会に報告し承認を求めなければならない。
 
第5章 会員
 
  第9条 本会の会員は、正会員、名誉会員とする。
1、正会員は、この会の趣旨に賛同し、各地区委員の承認を必要とする。
2、名誉会員は、本会の運営に功績のあった者で、理事が推薦し、理事会において承認を得た者とする。
 
  第10条 会員は、この会の開催する年次大会に研究発表することができる。
1、会員は、この会の総会に出席することができる。
2、会員は、この会の発行する機関誌・会報およびその他の刊行物の配布を
受けることができる。
 
  第11条 この会の定める会費を2年以上納入しない者は、会員の資格を失う。
1、会員が、本会の目的に反して、倫理的に不適当な行為をなした場合、本
会は、これを除名することができる。
 
第6章 役員
 
  第12条 本会に次の役員を置く。
1、理事長        1名
2、理事各地区     2名、その他の若干名
3、地区委員各地区  若干名
4、監事          2名
 
  第13条 役員の選出は、次のようにして行う。
1、理事長は、理事の互選による。
2、理事は、地区委員の推薦による。
3、地区委員は、各地区会員の互選による。
4、監事は、会員の互選による。ただし、理事は、これを兼ねることはでき
ない。
5、前2項の規定に関わらず、理事会が必要と認めた場合は、若干の理事を委嘱することができる
 
  第14条 役員は、次の任務を行う。
1、理事長は、本会を代表する。
2、理事は、地区会を代表し、理事会に出席する。
3、地区委員は、その地区の業務を執行する。
4、監事は、本会の会計を監査する。
 
  第15条 役員の任期は3年とする。ただし、留任は妨げない。
1、任期途中で役員が交代した場合、後任者の任期は、前任者の残存期間とする。
 
第7章 会計
 
  第16条 本会の経理は、会費・寄付金およびその他の収入を持ってこれにあてる。
  第17条 本会の会費は次のとおりとする。
1、正会員の年度会費は、4,000円とする。ただし、大学院に在学するものは、3,000円とする。
2、入会金は、1,000円とする。
 
  第18条 会費等の徴収は、各地区委員会において行うことを原則とする。ただし、年度会費の納入期限は、前年度の末日までとする。
 
第8章 雑則
 
  第19条 本会の会則改正は、理事会の承認を受け、更に総会で出席者の3分の2以上
の同意を必要とする。
 
  第20条 本会の事業およびその他の運営を明確化するために、べつに細則を設けるこ
とができる。
 
付 則 この会則は、平成16年9月18日から発行する。