教育催眠は、文部科学省発行の「生徒指導の手引」にも、その活用が記載されています。
「催眠」というと、いまだに「ひとに操られる」「意識をなくしているうちに施術者の意のままにされる」などの誤解があります。
私たちの学会は、長年の現場での実績をもとに、最新の心理学や脳機能学、脳生理学をとりいれ、これまでのカウンセリングでは、解決できなかった心や行動の問題を短期解決する手法を研究開発しています。
wakaba
当研究団体のご紹介と、ご入会のお勧め
image ■私たちの研究団体には、教育・心理・福祉・医療などの専門家が集まっています。
■主に教育現場で、催眠に関する様々な心理技法が人々の幸せに役立つための研究をしています。
■催眠に関する心理技法は、どれも即効性などにおいて優れた面がたくさんありますが、それらの安全性を高め、どなたも安心してご相談いただけるように、研究発表だけではなく研修会にも力を入れています。
■教育に関する問題解決を目指したい熱い思いをお持ちの方のご入会をお待ちしています。
■入会ご希望の方はこちらへお願いいたします。